資産運用

なぜ資産運用が必要なの?

資産運用の相談最近は、景気が回復してきたと言われておりますが、預貯金の金利は依然として「低金利」。銀行にお金を預けていても、全くと言っていいほど増えてはくれません。

では、私たちを取り巻く状況はどうでしょうか。
少子高齢化、年金問題、終身雇用制度の崩壊、退職金制度の変化など、昔とは全く違う状況になっています。
経済状況もデフレからインフレになるのでは?と言われています。

物の値段が継続的に上がっていくことになれば、今まで100円で買えていた物が買えなくなってしまい、実質的にお金の価値が目減りすることになってしまいます。
インフレリスクに備えるためにも、資産運用を行っていく必要があるのです。

こんな不安・悩みをお持ちの方からご相談を頂いています。

  • 金融機関に勧められるままでしたが、自分自身にあっているか知りたい。
  • 退職金や、保険金などのまとまったお金をどうしたらいいか考えたい。
  • 将来の老後に備え、キチンとした設計をして欲しい。
  • 郵便局から投資信託を勧められていますが、悩んでいます。
  • インフレリスクに備え、今まで貯えた資産を目減りさせたくない。

投資は「投機」ではありません。

投機ではなく投資を投資というと、ギャンブルのように勝てば大もうけ、負ければ大損のイメージをお持ちの方も少なくはないようです。

投資と似た言葉で「投機」がありますが、短期的な利益ばかり狙っていくのではなく、時間をかけてお金を増やすというイメージが投資になります。

あなたの年齢、家族構成、現在の金融資産、投資に対する考え方、投資経験を総合的に勘案しながら、あなたにとって最適な方法をファイナンシャルプランナーと一緒に考えてみませんか。